広報代行

2019-01-02
小さなお店や会社こそ、”ゴールから逆算した広報戦略”を

広報代行,ブランディング,広報戦略,プレスリリース作成,PR代行

 

 

「自社を知ってもらうために、広報やPR施策をしよう!」
そう決めたときに大切なのは、どんな未来を目指しているかです。

 

PRを実施する側にとっては、
コーポレートサイトを確認したり、
簡単なヒアリングをさせてもらったりすれば、広報物の作成は可能です。

 

けれどもそれでは、”今起きている・これから行うことの事実をまとめただけ”の
お知らせやプレスリリースになってしまいます。

 

 

●なりたい未来に、ふさわしいPR方法を選ぶ

 

プレスリリースや企業として発信した内容は、この後もずっと記録として残ります。

 

さらにいえば配信会社を利用して行ったプレスリリースは、
検索サイトからの評価が高いため、
数年後も検索結果の上位に残る可能性が高いのです。

 

将来の姿を想像しないで作った広報物は、
それを数年後に見た相手に違和感を覚えさせてしまうかもしれません。

 

これからPRを行う場合には「なりたい未来に繋がるお知らせ」であるか、
作成段階でチェックをしておくようにすると

数年後でも未来を見据えて成長してきた会社の記録として価値が残ります。

 

方法についてもプレスリリースを打つべきか、
コーポレートサイトに記事を残すのか、
オフィシャルブログや他SNSで複数回に渡って掲載をした方がいいのか……。

 

同じ内容を伝えるにしても、
ゴールとターゲットに合わせて届きやすい手段を選ぶことが必要です。

 

 

●得たいゴールによって、ベストな言葉&表現も異なる

 

広報代行,ブランディング,広報戦略,プレスリリース作成,PR代行

 

 

3年後・5年後にどのような発展・方向を望んでいるかで、
公へのお知らせとしてのPRで使うべき言葉や表現はガラリと変わります。

 

たとえば現在は東京に1店舗だけを構えるお菓子屋さんだったとしても、
5年後にはカフェを含めた3店舗の展開を目指しているのだとしたら。

 

さらに、徐々にオーガニックを売りにしたいと考えているのであれば、
そうなった時に広報物を見た人が、納得できる作りであることが望ましいといえます。

 

「3年前にこんな考えを持っていたから、今は多店舗展開ができているんだ」

 

数年を経てPR施作を見た人にもそう感じてもらえることが、
ずっと残り続けるリリースの醍醐味ではないでしょうか。

 

 

「今後の進む方向に合わせたPRがしたい」
「数年間の事業計画はあるけれど、どんな方法で広報をしたらいいか分からない」

そんなお悩みがありましたら、弊社にご相談ください。

 

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

2019-01-01
女性ひとりのセブ旅行でも、安心なホテル<MJ Hotel and Suites>

hotels.comから正面写真をお借りしました

 

今回は女性のひとり旅でも安心して宿泊できる、セブ島のホテルをご紹介します。

 

●女性ひとり旅にオススメ!日本人慣れしたスタッフが多い、MJ Hotel and Suites

 

 

 

こちらのホテルは出張の際に、定宿として利用している場所のひとつです。

 

⭐︎⭐︎⭐︎スリースターホテルなので、
清潔感やサービスが安定しているところが魅力。

 

 

 

 

レートのいい街の両替所よりは落ちますが、
フロントで日本円からの両替も対応してくれます。

 

セブに立地する多くのホテルと同様に、日本語は通じません。

けれども最上階に日系の語学学校が入っているため、
ホテルスタッフが日本人の対応をするのに慣れています。

 

 

 

 

 

 

客室も広く、一般的なシングル用の部屋でこのベッド&スペース!

 

もちろんエアコンがついているので、滞在中は快適に過ごせます。

 

※宿泊プランによっては、冷蔵庫を別でレンタルするお安めプランもあるようです。

現地はとても暑いので、
熱中症予防に冷蔵庫はあらかじめ付けてもらうのがオススメ!

 

ちなみに、どの部屋にもバスタブはついていません。

セブの人たちはお風呂に浸かる習慣がないことから、
セブ都市部ではバスタブのついているホテルはごく僅かです。

 

●ほぼ大通り沿いで、アヤラモールからすぐ!迷いにくい好立地

 

ノースエスカリオ通り(N. ESCARIO ST.)という大通りにほぼ面しているため、
タクシーやGrabでも迷いにくい立地です。

 

もしもドライバーさんに場所が伝わらなかったら、
「near Parklane(パークレンホテルの近く)」と伝えてみると無事に着けるはず。

 

アヤラモールへも徒歩10分くらいなので、
飲み物などを買い込んでもすぐに帰ってこれます。

 

●ホテル1Fで食べられる朝食も美味しい!

 

1Fのレストランでは、朝の6:00〜ビュッフェスタイルの朝食がいただけます。

 

 

 

 

パンキット(フィリピン風焼きそば)や現地の煮込み料理から、
日本人向けと思われる生姜が入ったお粥まで用意されています。

 

 

 

 

卵料理は好みに合わせて作ってくれるので、
食材を指定してオリジナルな仕様にしてもらってください♪

 

宿泊のお値段は、日本円で1泊6,000円くらい。

 

hotels.comや、agodaなどでのオンライン予約が便利です。

 

予約メールはすぐ出せるようにしておくと、チェックインがスムーズになりますよ!

 

 MJ Hotel and Suites

 

80 Apitong St. Barangay Kamputhaw Main road N. ESCARIO ST.

TEL:  +63 32 260 8232

 

 

 

2018-12-24
【@セブ】7Dドライマンゴーを、現地でお安く買う方法!

 

セブのお土産といえば、7Dのマンゴー!

 

ドライマンゴー自体はさまざまなブランドから販売されていますが、
いくつか食べ比べてみても、7Dが一番美味しくて当たりはずれが少ない気がします。

(自然の果物なので、若干の大きさや固さのばらつきはあります)

 

日本でも認知度が高いので、
「あげて間違いないお土産」であることは間違いありません。

 

……が。日本人観光客への人気が絶大なため、
セブへ行くたびに値上がりし続けています。

 

 

 

 

こちらはちょうど1年ほど前。

2017年の12月に、アヤラモールのMetroで撮った7Dマンゴー売り場の写真です。
「半年前より、10PHPくらい値上った気がする……」と思っていたら。

 

1年経った2018年12月現在では、なんと118PHPに
※ちなみに、空港だと倍以上します。

 

日本で買ったら500円はするし、
1PHP=2円ちょっとくらいなので、300円かからないお手頃さのハズなのですが。

 

セブにしばらく滞在して食品のレートに慣れてしまうと、
この値上がりに「高っ!!」と感じてしまうんですよね。

 

そこで。
今回はこの7Dマンゴーを、お手頃に購入する方法をご紹介します。

 

 

●7Dの直売所へ買いに行こう!

 

 

google mapのストリートビューからお借りしました

 

マンダウエ市に、「7D Mangoes Factory」(直売工場)があります。

 

ここでは市場価格よりもかなり安く購入が可能です。
流通コストがかかっていないため、値段はスーパー価格の7〜8割ほど。

 

直売所ではドライマンゴーやパイナップル以外にも、
しぼりたてのカップジュース、パック詰めされたジュースも買えます。

(カップジュースが、甘くてフレッシュでおすすめ!)

 

セブシティとマクタン島のちょうど間くらいなので、
何かのついでに立ち寄ってみてください。

 

Jセンターモール(大きなスーパー)がすぐ近くなので、
お土産購入ツアーもいいですね

 

下の地図だと、右下あたりです。

 

タクシーの運転手さんが住所で分からなければ、
「near J Centre Mall 」と伝えて地図を見せると、スムーズに着けるはずです。

 

 

7D Mangoes Factory

 

営業時間:月〜土 7:30〜18:00、日 7:30〜12:00
※クリスマスや祭日は、営業時間が異なる可能性があります。
住所:Sacris Road, A.S. Fortuna Street, Mandaue City, 6014 Cebu, Mandaue City, Cebu

TEL:+63 32 346 1769

 

 

 

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。