小松田久美

2018-12-12
クライアントさんに、TV局から取材協力依頼が!

PR代行,広報代行,TV取材,取材,プロモーション

 

 

PRと広報代行をさせていただいている鍼灸院さんに、
TV局から取材協力依頼をいただきました!

 

なんとNHKの、誰もが知ってる番組とのこと。

 

今回は資料提供と一部の監修での依頼のため、
残念ながら本院や先生ご自身は取材されないのですが、
放送によって認知度アップが見込めるため、急ぎWEBなどを整えているところです。

 

現時点での放送日は、1月下旬だそうです。
日程など詳しく決まりましたら、改めてお知らせいたします。

 

TVや雑誌、新聞に取りあげられるのは、
プロモーションにお金をかけられる一部の企業だけと思っていませんか?

 

届けたい媒体を考えながら適切にPR・広報をすることで、
限られた費用でもメディア掲載を叶えることができます。

 

ファンづくりや、
企業を育てていくためのPR&広報戦略はお任せください。

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
FacebookやWEBページの更新など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

 

2018-11-01
鍼灸院さまのPRサポートを開始しました

広報代行,story's base,PR代行

 

 

この度、さいたま県の都市部に開院されている、
鍼灸院さまのPRサポートを開始しました。

 

駅徒歩1分と好立地で、
WEBページやほかSNSの公式アカウントもすでにお持ちであり、
店頭のデジタルサイネージ広告などツールも豊富にお持ちの状態です。

 

今後は目指すゴールや医院の特徴を明確にしたうえで、
これらの機能をうまくかみ合わせることで、
継続的な集客増を目指していきます。

 

※同業種の対応は承っておりませんため、
これより半年間は鍼灸院および整体院の受付は停止いたします。
他業種に関しては、残2枠のみ対応が可能です。

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
FacebookやWEBページの更新など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

2018-07-21
「ネット販売、売り上げゼロ」を改善したPR方法②

 

 

「ネット販売、売り上げゼロ」を改善した方法①の続きです。

 

タイトルで読者を引きつけることに成功しても、安心はできません。

 

昨今インターネット上には、面白い記事が溢れています。

そのため読者は文章を読みはじめても違和感を感じると、
すぐに開いているページを閉じて他のページに移ってしまうのです。

 

タイトルの内容やクリック率に関わらず、
記事を最後まで読んでくれる人は1〜2割いたらいい方だと言われています。

 

 

 

 

そこで私たちが次に取った方法は、
読者に「自分ごと」として考えてもらうことでした。

 

西日本方面でしか使わない、
「”甘いお醤油”という究極の他人ごと」を自分ごとに置き換えてもらうために、
食材と合わせた使い方を記事のなかで提案しました。

 

・お餅と一緒に写真を撮影し、いそべ餅に
・蔵からのオススメとして、たまごかけご飯に
・現地での食べ方として、カツオのお刺身&たっぷりの薬味と合わせて

 

いくつかの候補を挙げることで、
読者の側でも「他にも、こんな使い方ができるかもしれない」と考える余地が生まれます。

 

使い方を考えたり、味の想像をしたり自分の側に引き寄せて考えると、
脳はその対象物を持っている前提でものごとを考えはじめます。

 

そして、記事を最後まで読んでもらった後に残るのは、
クライアントのファンになってもらえるか(購入につながるか)のハードルです。

 

面白いだけの記事では、
読了率が上がってもそれだけしか残りません。

 

次の記事では、「”この人から買う理由”を作る方法」をお伝えします。

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
FacebookやWEBページの更新など……

ぜひこちらからお問い合わせください。