セブ

2018-12-17
日本からセブに行く方法は?【フライトの選び方/東京→セブ編】

セブ島,フライト,広報代行,PR代行,日本 セブ

 

 

日本からセブ島への行き方(フライトの選び方)

 

●日本からセブ島へ飛行機で向かう場合、東京近辺からの出発であれば、
成田空港からの直行便だと5時間ほどで「セブマクタン国際空港」に到着できます。

 

以前はバニラエアも成田からの直行便を出していて
語学留学生に人気だったのですが、
残念ながら2018年10月で撤退してしまいました。

 

現在この路線の直行便ではフィリピン航空、セブパシフィック航空などが運行をしています。

 

 

セブ、行き方、飛行機,広報,PR

 

 

●他の方法としては、JAL&ANAのマニラ経由便を使ってもOK。

 

JALは成田ーマニラ、ANAは羽田と成田ーマニラ便があります。

 

フィリピンの首都であるマニラの「ニノイ・アキノ国際空港」で、
国内線に乗り継いでいくパターンです。

「ニノイ・アキノ国際空港」での乗り継ぎ方法(JAL)

 

ターミナル間の移動は、シャトルバスかタクシーを利用します。

 

マニラ便では日本の航空会社を途中まで利用できる安心感はありますが、
実はこちらの空港が「世界一、遅延が発生する空港」としても有名なため、
国内線であっても乗り継ぎ時間は最低で2時間みたほうが安全です。

 

送迎があるような語学学校では、
「到着時間がまったく読めないので、できればマニラ経由は控えてほしい」
とお願いをしているところさえあるようです。

 

また、基本的にマニラ&セブでは日本語がほとんど通じないことから、
もしも英語での乗り継ぎ案内に不安がある場合には、
直行便にしてしまった方が安心だと思います。

 

(直行便のCAさんは英語と現地語しか使えないかもしれませんが、
日本人の留学生かビジネスマン、日本語が話せるフィリピンの方が必ずいるはずです)

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

2018-11-04
【在セブ企業のSEO対策】google検索結果で、上位表示を狙うには

セブ,セブ島,広報代行

 

こちらの画面はgoogleを利用して、
「セブ島」「広報代行」で検索をした場合の検索結果1ページ目です。

 

上位3つとも弊社story’s baseのWEBページが表示されています。

 

「広告」の表示がないことでお分かりいただけるように、
もちろんリスティング出稿をして得た結果ではありません。

 

・サイトの質を高め、コンテンツとしてgoogleの評価を得ること
・ピックアップがされやすい、SEO対策を実施すること
・上位表示がされやすい単語を選んで、キーワードとして利用すること
……を、サイト内で実施している結果となります。

 

セブ島における日本人向け事業に関しては、
まだその多くがリスティングすら配置されておらず、検索上位が狙いやすい状態です。

 

日本国内での状況と比べても競合他社の母数が少ないために、
短期間で望んだ結果が得やすくなっています。

 

このタイミングで検索結果ページにコンテンツを並べておくことで、
未来に向けてのPR戦略が可能になります。

 

ブランドの見せ方や誘導したいクライアント層によって、
表示方法を変えてご提案をしてまいります。

 

日本人向けのサービスでSEO対策を検討される場合には、
ぜひお声がけください。

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業の広報代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
FacebookやWEBページの更新など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

2018-11-03
【プレスリリースを打ちませんか?】在セブ日系企業の集客戦略

セブ,PR代行,広報代行

 

 

弊社ではセブに拠点がある、日系企業のPR・広報をお手伝いしています。

 

「プレスリリース」は法人だからこそ行える、
日本中のメディアに向けた自社のサービス案内ツールです。

 

半永久的にWEB上に残るため、信頼性の証ともなります。

 

また、PR TIMESなど大手の配信サービスを利用して、
リリースに御社URLを掲載することで検索サイトの信頼性が高まることが期待できます。

 

弊社story’s baseでは配信サービスに流すリリースの作成から、
実際の配信、その後のサポートまでを一貫してフォローが可能です。

 

在セブ企業の場合はメディア対策をしている競合が少なく、
日本から距離があるからこそ、
多くのメディアへ一斉にアプローチができるプレスリリースに効果が出やすくなります。

 

御社のサービス内容目指す未来によって、掲載内容も柔軟に調整が可能です。

打ち合わせの際に、ぜひ展望などをお教えください。

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
FacebookやWEBページの更新など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。