blog

「ネット販売、売り上げゼロ」を改善したPR方法②

 

 

「ネット販売、売り上げゼロ」を改善した方法①の続きです。

 

タイトルで読者を引きつけることに成功しても、安心はできません。

 

昨今インターネット上には、面白い記事が溢れています。

そのため読者は文章を読みはじめても違和感を感じると、
すぐに開いているページを閉じて他のページに移ってしまうのです。

 

タイトルの内容やクリック率に関わらず、
記事を最後まで読んでくれる人は1〜2割いたらいい方だと言われています。

 

 

 

 

そこで私たちが次に取った方法は、
読者に「自分ごと」として考えてもらうことでした。

 

西日本方面でしか使わない、
「”甘いお醤油”という究極の他人ごと」を自分ごとに置き換えてもらうために、
食材と合わせた使い方を記事のなかで提案しました。

 

・お餅と一緒に写真を撮影し、いそべ餅に
・蔵からのオススメとして、たまごかけご飯に
・現地での食べ方として、カツオのお刺身&たっぷりの薬味と合わせて

 

いくつかの候補を挙げることで、
読者の側でも「他にも、こんな使い方ができるかもしれない」と考える余地が生まれます。

 

使い方を考えたり、味の想像をしたり自分の側に引き寄せて考えると、
脳はその対象物を持っている前提でものごとを考えはじめます。

 

そして、記事を最後まで読んでもらった後に残るのは、
クライアントのファンになってもらえるか(購入につながるか)のハードルです。

 

面白いだけの記事では、
読了率が上がってもそれだけしか残りません。

 

次の記事では、「”この人から買う理由”を作る方法」をお伝えします。

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
FacebookやWEBページの更新など……

ぜひこちらからお問い合わせください。

Tags:, , , ,
Posted on 2018-07-21 | Posted in blog | Comments Closed