こころがけ

2015-05-14
本は、著者から読者へのギフト。

こころがけ

 

 

『本』って、すごい存在だと思いませんか

 

ただ言葉が印字された紙の束なのに、

その存在によって読者の人生を変えることができる。

 

 

私もかつて、人生の転機を何度も書籍に助けられてきました。

 

活字中毒だった学生時代、

失恋して泣いていた夜、

迷って迷ってフリーランスになると決めた時にも。

 

いつだって、手元には未来を見せてくれる本が。

 

直接語りかけることはできなくても、

著者が持つ考え方やスキルを届けることで、

ひとりでは想像もできなかった場所に辿りつける。

 

私の仕事はその素敵な贈り物を、一緒につくることです。

 

読者の手に届きやすい形、

心に染みこみやすい言葉……

 

パートナーになる著者さんが納得するまで、

なんどでも提案をさせてください。

 

継続でコンサルティングに入っている場合には、

露出媒体についてや、雑誌やWEB の企画作成についてもサポートしていきます。

 

 小松田久美

 

★トップページはこちらからどうぞ