blog

2018-07-21
「ネット販売、売り上げゼロ」を改善した方法②

 

 

「ネット販売、売り上げゼロ」を改善した方法①の続きです。

 

タイトルで読者を引きつけることに成功しても、安心はできません。

 

昨今インターネット上には、面白い記事が溢れています。

そのため読者は文章を読みはじめても違和感を感じると、
すぐに開いているページを閉じて他のページに移ってしまうのです。

 

タイトルの内容やクリック率に関わらず、
記事を最後まで読んでくれる人は1〜2割いたらいい方だと言われています。

 

 

 

 

そこで私たちが次に取った方法は、
読者に「自分ごと」として考えてもらうことでした。

 

西日本方面でしか使わない、
「”甘いお醤油”という究極の他人ごと」を自分ごとに置き換えてもらうために、
食材と合わせた使い方を記事のなかで提案しました。

 

・お餅と一緒に写真を撮影し、いそべ餅に
・蔵からのオススメとして、たまごかけご飯に
・現地での食べ方として、カツオのお刺身&たっぷりの薬味と合わせて

 

いくつかの候補を挙げることで、
読者の側でも「他にも、こんな使い方ができるかもしれない」と考える余地が生まれます。

 

使い方を考えたり、味の想像をしたり自分の側に引き寄せて考えると、
脳はその対象物を持っている前提でものごとを考えはじめます。

 

そして、記事を最後まで読んでもらった後に残るのは、
クライアントのファンになってもらえるか(購入につながるか)のハードルです。

 

面白いだけの記事では、
読了率が上がってもそれだけしか残りません。

 

次の記事では、「”この人から買う理由”を作る方法」をお伝えします。

 

● story’s baseでは、企業のPR代行を承っています。
FacebookやTwitterの更新から、
プレスリリース、広報物の作成など……

ぜひこちらからお問い合わせください。

Tags:, , , ,
Posted in blog | Comments Closed

 

2018-07-20
「ネット販売、売り上げゼロ」を改善した方法①

 

 

「ネット販売、売り上げゼロ」から、嬉しい悲鳴に!の続きです。

 

私たちがPRを担当したお醤油屋さんは、
新幹線が止まる主要駅や大きな道路からは離れた場所にありました。

 

何代も前から続いていた老舗の蔵で、
地元のスーパーでは取り扱いがありましたが、
県外ではまったく知られていませんでした。

 

つまり実店舗があっても、
一見さんにふらっと立ち寄ってもらうのは難しい環境だったのです。

 

実物を手にとる機会が提供できないのであれば、
インターネットの掲載記事だけで見た人の心を掴むしかありません。

 

 

 

 

そこで一つ目の方法として、”タイトルで惹きつける”方法を使いました。

 

この時には県のからんだWEB媒体で掲載をしていましたので、

『○○(県の名前)が持つ謎。醤油が、甘いんです!』と、題をつけてリリースを実施。

 

クライアントのお醤油屋さんは西日本にあり、
今回は甘いお醤油がPR対象の商品でした。

 

「普段は甘いお醤油を使わない地域に住む人に、見込み客を作ること」

が、ミッションだったのです。

 

それまでは正統派のタイトルが続いていたことから、
意図的に飛ばした読みが当たり、
注目を集めるのが難しい調味料でも多くのPVを得ることができました。

 

ただ、タイトルで注目をされても、
購入まで至ることは難しくなります。

 

次の記事では、
記事を見た人がPRを自分ごととして考えはじめる方法をお伝えします。

 

 

 

● story’s baseでは、企業のPR代行を承っています。
FacebookやTwitterの更新から、
プレスリリース、広報物の作成など……

ぜひこちらからお問い合わせください。

 

Tags:, , , ,
Posted in blog | Comments Closed

 

2018-07-18
「ネット販売、売り上げゼロ」から、嬉しい悲鳴に!

 

 

地域おこしプロジェクトに参加していた際、
製造から販売までしているお醤油屋さんのPRを担当しました。

 

この時のミッションは、
「インターネット販売、売り上げゼロ」「県外の知名度もゼロ」から、
とにかくお店を知ってもらい購入に結びつくチャンスを増やすこと。

 

あつかっている商品については、
遺伝子組み換え食品をまったく使わず、職人さんが最大限に手をかけた、
品質としては間違いのないものでした。

 

さらに、その地域ならではの珍しい風味もそなえているのに、
調理や食卓調味料として使える汎用性もありました。

 

 

 

 

つまりそれなら、
「プロモーションの方法さえ正しければ、リピーターも期待できるはず」です。

 

私たちは店主から商品の製造方法から込められた思いまでを聞きこみ、
3つの方法を使って、お店と特別なお醤油を紹介するページを作成しました。

 

するとページのリリースから程なくして、受注が舞いこみはじめたのです!

 

これまでネット注文がなかったことから、
発送までのフローが落ち着くまでは大変そうな店主でしたが、
想像以上のお申し込みがあったことで見せてくれた笑顔が忘れられません。

 

この時の「3つの方法」については、
これから順番に一つずつお伝えしていきます。

 

● story’s baseでは、企業のPR代行を承っています。
FacebookやTwitterの更新から、
プレスリリース、広報物の作成など……

ぜひこちらからお問い合わせください。

 

 

2018-03-12
構成を担当した書籍が出版されました

 

61UhR-Hb-+L._SX339_BO1,204,203,200_

 

構成を担当した書籍が発売されました。

 

『医師が教える 疲れが抜けない人の食事法』(祥伝社/本間良子 本間龍介著)

日本でいちばん最初に副腎疲労外来を立ちあげた先生たちによる、

副腎疲労(寝ても疲れがなくならないような、慢性疲労)の改善方法についての本です。

 

書かれている内容によって疲れが抜けやすくなるのはもちろんなのですが、

私の個人的な体験では、

小麦粉を制限することでむくみにくく体重がベストな状態でキープしやすくなりました!

 

いつも取材で聞いた内容を最初に試せるのが、本当にありがたく。

 

「最近、太りやすくなったな……」と感じている人がいたら、

ぜひ試してみてほしい方法です。

 

2018-03-09
「Marke Zine」にプレスリリースが転載されました

 

マーケター向け専門メディアの「Marke Zine」に、

3月22日@銀座で登壇予定のイベント

「クラウドワーカー・副業の先へ」

ライターキャリアセミナーのリリースが転載されました。

 

すでに活動しているライターさんだけでなく、

週末起業や副業としてのライターに興味がある方にも、

おすすめのイベントです。

 

https://markezine.jp/release/detail/866735

 

イベントでは「フリーライターとして活躍するには?」を軸に、

ライターに関するさまざまな疑問にお応えします。

 

<こんな人におすすめ>

・まだライターとしてのキャリアを歩み始めていないが、興味がある
・クラウドワーカーとして1歩を踏み出したものの次のステップがわからない
・フリーライターになったものの、これから先も仕事の依頼が続くのか不安
・ライターとしての単価アップを目指したい

<こんなお話をします>

・ライターになるための方法、仕事の始め方
・編集者に好かれる、嫌われるライターとは
・ライターに求められるスキル
・ブックライターのなり方と魅力
・PRライターのなり方と魅力
・キャリアの築き方や目標
・ライター業界のこれから

 

■イベント概要
日時:2018年3月22日(木) 19:30~21:00(19:00開場)
場所:銀座ユニーク
東京都中央区銀座5丁目14-6 橋ビルII 2階
料金:2,000円(税込)
主催:株式会社YOSCA/itty selection Inc.

 

■登壇者
ライターカンパニーYOSCAにて、
ライター&編集者5,000人を抱える宮嵜幸志さん。
PRライターとしてキャリアの一歩目を歩き出した、本田佑里恵さん。
そして、これまで12冊を担当してきた、ブックライターの小松田久美。
モデレーターは少人数制にて15名のPRライター+16名の
PR講座受講生を人材育成するitty selection Inc.から、かみむらゆいさん。

 

 

2018-03-08
@銀座のキャリアセミナーに登壇します

 

3月22日@銀座

「クラウドワーカー・副業の先へ」

ライターキャリアセミナーに登壇します。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000022035.html

 

登壇者はライターカンパニーYOSCAにて、

ライター&編集者5,000人を抱える宮嵜幸志さん。

PRライターとしてキャリアの一歩目を歩き出した、本田佑里恵さん。

そして、これまで12冊を担当してきた、ブックライターの小松田久美。

モデレーターは少人数制にて15名のPRライター+16名の

PR講座受講生を人材育成するitty selection Inc.から、かみむらゆいさんです。

 

「フリーライターになりたいけど、どうしたらいいのかわからない」

「フリーライターとして活動しているけど、あまりうまくいっていない」

 

こうしたお悩みを持つ方向けに、

イベントでは「フリーライターとして活躍するには?」を軸に、

ライターに関するさまざまな疑問にお応えします。

 

すでに活躍しているライターさんにとっては、

編集さんと出会える場にもなるはずですので、ぜひご活用ください。

 

■イベント概要
日時:2018年3月22日(木) 19:30~21:00(19:00開場)
場所:銀座ユニーク
東京都中央区銀座5丁目14-6 橋ビルⅡ 2階
料金:2,000円(税込)
主催:株式会社YOSCA/itty selection Inc.

 

2018-02-27
@紀伊國屋書店セミナーに登壇します

 

弊社代表の小松田が、
以下セミナーに急遽登壇することになりました!

 

脳外科医である菅原道仁先生の著書
『一生疲れない人の『脳』の休めかた』(実務教育出版)
(https://amzn.to/2uAQfyp)
出版記念セミナー IN 新宿紀伊國屋書店
2月28日(水) 19:00開演/18:45開場

 

こちらは昨年に構成担当として、制作チームに参加した書籍となります。

 

当日は菅原先生から「脳科学をベースにした効率のあげかた」や、
「仕事で失敗をして落ち込んでいても、瞬時に気分転換する方法」など様々なお話が伺えます。

 

新宿駅から徒歩数分と絶好のロケーションですので、
お仕事帰りにお時間がある方は、ぜひお立ち寄りください。

 

■セミナー詳細&ご予約はこちらから
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20180203100048.html

 

 

2017-11-20
『超一流ハイエンドに選ばれる魔法のルール』増刷しました!

 

プロデュース&構成を担当させていただいた、

『元ティファニーのVIP担当者が教える
超一流ハイエンドに選ばれる魔法のルール』(高野睦子著/飛鳥新社)

が、発売後わずか4日で増刷が決まりました!

 

書評などでも「ハイエンドとの恋愛指南本と思いきや、
女性にとって必要な教養が網羅されている」

など、素敵な感想を続々いただいています。

 

都内の書店さんでも平積み展開されている場所が多いので、
見かけられましたら、ぜひお手に取ってみてください。

 

 

2017-11-17
『超一流ハイエンドに選ばれる魔法のルール』平積みです♪

 

出版プロデューサー&構成として書籍づくりに携わった、

『元ティファニーのVIP担当者が教える
超一流ハイエンドに選ばれる魔法のルール』(高野睦子著/飛鳥新社)

が、新宿の紀伊国屋書店などで平積み展開中です。

 

Amazonでも、2位にランクイン!

https://amzn.to/2usSWC7

 

高野さんにはじめてお目にかかった時から、
「売れる著者さんになるだろうな」と感じていましたが、
やっぱり自分だけのコンテンツを持っている方は結果が違います。

このまま、増刷もすぐにかかりそうです。

 

2017-11-13
出版プロデュースをした書籍が出版されます

 

出版プロデュース&構成を担当した書籍が、もうすぐ発売されます。

 

『元ティファニーのVIP担当者が教える
超一流ハイエンドに選ばれる魔法のルール』(高野睦子著/飛鳥新社)

https://amzn.to/2uKUirj

 

著者の高野さんはJALでCAとして勤務した後、
TIFFANYのVIP専任担当として働かれていた女性です。

 

たまたま、対ハイエンドのお仕事をしている女性向けセミナーに参加する機会があり、
“高野さんが持つ経験とメソッドを、世の女性たちが知れたら幸せになれるはず!”
と、感じたところから書籍のプロジェクトがスタートしました。

 

版元の飛鳥新社さんもとても力を入れてくださって、
表紙はキラキラの箔押しです。

 

仕事も恋愛も、簡単に格上げできる一冊になりました。
ぜひ、書店さんなどでお手に取ってご覧ください!